Blog
インスタグラム

インスタグラムの投稿インサイトについて解説

インスタグラムの運用において、ビジネスプロフィールの設定は必須と言っても過言ではありません。
ビジネスプロフィールについてはこちらで言及しています
インサイト情報がアップデートされたので、詳細について書きたいと思います。

 

目次
1.各投稿のインサイト内容とは?
2.インサイトが見れるとどんな分析が可能になるのか?
3.具体的にどう対策すればいいのか?
4.まとめ

 

1.各投稿のインサイト内容とは?

各投稿にインサイトという項目があるのでそちらを開くとまずこのような画面が出てきます。

 

 

①→いいね数
②→コメント数
③→保存件数

さらに上にスワイプするとより詳しい情報が表示されます。インサイトで表示されている数字は
「この投稿経由〜」や「この投稿にアクセスした流入源」という意味になります。

 

 

■アクション
・アクション数=プロフィールヘのアクセス+フォロー
(上の画像だと数が合わないのですが、これはフォロー解除された場合に数が減少するみたいです。しかしアクション数はそのままの数値になるためです。
通常は合致します。)
・プロフィールにアクセスした数
・フォローした数

■発見
・発見=フォロワー外の割合
・リーチ=あなたの投稿を見たアカウントの数
・インプレッション数=投稿が表示された合計回数
 ・ホーム=タイムラインで表示された回数
 ・プロフィール=ID検索や外部リンクからの直接ページに飛んでから表示された回数
 ・ハッシュタグ=ハッシュタグ検索で表示された回数
 ・発見=発見タブ(虫眼鏡の箇所)で表示された回数
 ・地域=スポット検索で表示された回数
 ・その他=その他以外で上記の3つが表示されてそれ以外の項目の合計

 

2.インサイトが見れるとどんな分析が可能になるのか?

インスタグラムで表示されているインサイトは「どこ経由で〜」の情報が取得可能になりました。これは、

・フォロワーの人がどれだけ見ている
・フォロワー外の人がどれだけ見ている

が明確になりました。フォロワー数は多いけど、実際にフォローしてる人が全然見てくれていなかったり、フォロワー数は少ないけれど、フォロワー外の人に多く見られているなどこのデータからわかります。
つまり、企業側にとっては、お金を払ってフォロワーを買っているアカウントが見破れることになり、投稿側にとっては、ハッシュタグ経由で全然見られていないからそもそも使用しているハッシュタグを変える必要があるなと気づくことができます。

 

3.具体的にどう対策すればいいのか?

では、もう少し踏み込んでどのように分析をして、改善すればいいのかを解説していきます。
各項目の内、ホームに関しては一定数のままで変動はあまりしないので、その他の項目について対策を考えていきます。

・プロフィール=
考えられる経路としては、ID検索・ストーリーズ・外部リンク(Twitterやブログ)です。この中で一番手を打ちやすいのがストーリーズです。ストーリーズを全然更新していない人は1日3回ほどを更新することを心がけてフォロワーに対して露出度を高めましょう。またTwitterでもInstagramを更新しましたとシェアすることによってフォローしていない人にも見てもらうことができます。
・ハッシュタグ=ハッシュタグをつけいているのに数が少ない人はビッグワード(投稿数が多いタグ)を使用していないでしょうか?投稿数が多いハッシュタグばかりを使用していると見られていない可能性があります。こちらでハッシュタグの改善方法を書いていますのでご参考に。
・発見=発見タブに表示させる条件は一概には言えないのですが、5つの条件によって選別されて表示されています。
1.保存した投稿、2.いいねした写真、3.フォロー中の人、4.世界で人気のアイテム、5.交流したアカウント。これらの条件に近い投稿です。詳しくは次回述べます。
・地域=撮影した場所の位置情報はなるべく追加するようにしましょう。観光スポットなど、人気の場所は位置情報で検索する人が多いので外国人などにみられる可能性が高まります。

 

4.まとめ

インサイトがみれるとどんな対策をとればいいのか可視化されます。
この他にもプロフィールのインサイトとストーリーズのインサイトを閲覧することが可能です。
こちらの解説は次回します。

 

Twitterでもインスタグラムについてつぶやいています。
DMから興味ある方は気軽に送ってください。
https://twitter.com/horikosu


あなたにオススメの記事