Blog
インスタグラム

インスタグラムをこれから運用する人がまずやるべきことを解説

今までインスタグラムをなんとなく更新してきたけど、もっときちんと運用してフォロワー数やいいね数を伸ばしたい。
これから新しくアカウントを作成してしっかりと運用をしていきたい。
そんな人のために運用する上でどんなことを意識すればいいのか解説していきたいと思います。

 

目次
1.テーマを決める
2.写真の撮り方を決める
3.ハッシュタグの選び方
4.他者にいいねをしていく
5.まとめ

 

 

テーマを決める

まず始めに決めることは、投稿のテーマです。
あなたのアカウントを見た時に◯◯の専門雑誌だなと一目でわかるような投稿するということです。
考えるポイントとして、「どんな情報を発信したいのか」と「それを見てくれる人はどんな人か」を具体化します。
基本的には、テーマに合わないものは控えるようにします。

例えば、モデル活動をしている内容を投稿していたのに、スタバのコーヒーだけの写真が投稿されてもフォロワーの人はいいねをしたくはなりません。それであれば、スタバのコーヒーと自分の顔を一緒にかわいく写した投稿をするといった感じです。

 

写真の撮り方を決める

インスタグラムを運用している人はカメラ初心者が多く利用しています。
そこまで撮影スキルがないといけないわけではありません。
撮影のテクニックも大事なのですが、みやすさと全体の統一感を意識して撮影をすると良いと思います。
一枚の写真を投稿するためだけに数十分から一時間くらいかかる時ももちろんあります。
最初のうちは何百枚も撮ってその中から納得のいく写真を一枚を決めましょう。
徐々にコツがつかめてくると思います。

 

ハッシュタグの選び方

ハッシュタグは30個までつけられます。最初の内はできるだけ多くのハッシュタグをつけることをオススメします。
フォロワー数を伸ばすには色んな人に見てもらう必要があので、その手段がハッシュタグになります。
選び方のポイントは、写真の内容に合う沿っていて、
ユーザーが情報を求めて検索する時にどんなワードを使うのか想定することです。
例えば、カフェの写真を投稿する際に、「#カフェ」とハッシュタグを使用しても東京にいる人なのか大阪にいる人なのかによって参考になる人とならない人がバラバラになってしまいます。それであれば、「#東京カフェ」とすると東京にいる人で、
カフェを探している人に届けることができるといったイメージです。
また、インスタグラムには人気投稿という9つの投稿だけ上位に固定で表示されることができるのですが、ここに載せることが拡散力に繋がります。
その戦略としてはこちらで紹介しているので詳細がきになる方は読んで見てください。

 

他者にいいねをしてく

まだまだアカウントが有名になっていない段階では、多くの人に届けづらいアカウントです。
届ける一つの手段としてハッシュタグの選定が大事ですが、それとは別に他者にいいねをしていくということも
多くの人に自分のアカウントを知ってもらう手段になります。
いいねをすると相手に通知が行くので、誰だろ?とアカウントを訪れてくれます。
ポイントとしては、自分が使用しているハッシュタグで検索をして出てきた投稿をいいねしていくと
同じ趣味を持った人に届けやすくなります。

 

その他

プラスで投稿をしていく上で、意識すると良いのが自分自身のパーソナリティーをさらけ出すことです。
企業アカウントで言えば、企業の色やブランドになります。
インスタグラムでファンになってもらうには共感・感動してもらうことが大事です。
見ている人に合わせて文章の書き方を変えます。
初めからどんな投稿が伸びるのかはわからないのでトライ&エラーを繰り返すことは必須です。
運用していく中でフォロワーの理解をして内容を変えていきます。あくまでも方向性を保ったままです。

 

まとめ

インスタグラムでは、「方向性、写真、ハッシュタグ、いいね活動」を意識して運用していくうちに、
この投稿が他のより伸びたり、
ハッシュタグってこんなに色んな種類があるんだといったことに気づきます。
トライ&エラーで改善していくとフォロワー数が伸びていきモチベーションもあがっていきます。
あくまでもSNSなので楽しんで運用しましょう!

 

何かご相談がございましたら、受け付けていますので、
TwitterからDMなど送ってください。
https://twitter.com/horikosu


あなたにオススメの記事