Share

TikTokで垢バンされた!凍結の理由と対処法

TikTokで垢バンされた!凍結の理由と対処法

TikTokアカウントを使っていると、突然投稿が削除されたり、アカウントが停止されたりして「垢バン」のペナルティを受けることがあります。 せっかく頑張って作ってきたアカウントが使えなくなったらとてもショックですよね。 この記事では、垢バンの理由や、対処法、アカウント復活方法について解説します。

TikTokの垢バンとは?

ティックトックアプリの垢バンの意味

TikTokの垢バンは「アカバン」と呼びます。インターネット用語として利用されています。
垢BANと表記されることもあります。

「垢」は、アカウントを意味します。
「BAN」は、英語で「禁止」や「権利はく奪」を意味します。

アプリの運営から利用停止され、ユーザーアカウントを削除されることをTikTokの垢バンと言います。

https://pixabay.com/ja/photos/tiktok-%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa-5586036/

TikTokでアカウントBANをされるとどうなる?

TikTokに動画を投稿後、アカウントが凍結されたとお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

TikTokを垢バンされたことに気づいた方々は、どのような現象が起こるのかをご紹介します。

一般的にTikTokで垢バンされると、運営側からアカウントに利用制限がかけられたことに関する通知が届きます。

しかし、全てのアカウント所有者に通知が来るわけではありません。
アカウント所有者が気づかずに垢バンされているパターンもあります。

「動画を投稿したけれど、削除された」
「アカウントが削除されている」

といったタイミングで、自分のTikTokアカウントを垢バンされたと気づく人が多いです。

まだある!TikTokの垢BANとは

垢バンの例としてほかにも

「フォロー数やフォロワー数がゼロ表示されている」
「フォローしていたアカウントの動画が見られない」

などが挙げられます。
心当たりがないにも関わらず、TikTokのアカウントが利用停止されてしまうと不安になりがちです。

実際にSNSで「TikTokが垢バンされた」というような呟きを見かけると心配になりますよね。

TikTokで垢バンされるには原因があります。
ティックトックのアカウントが使えなくなるワケとして、どのような理由があるのかを見ていきましょう。

TikTokで垢バンされる理由

TikTok垢バンされの理由は規約違反!

TikTokから垢バンのペナルティを受けるのは利用規約違反が原因です。

TikTokの利用規約に細かい違反内容について記載されていることはご存知でしょうか?
TikTokコミュニティガイドラインの禁止事項を一部ご紹介します。

TikTok規約違反の内容とは?

1.個人またはグループに身体的傷害を負わせる発言
2.他社に暴力行為を助長、擁護するような発言や画像
3.個人やグループを脅迫する目的で、武器を持ち込むように呼び掛けること
4.暴力を扇動する目的で武器を作成、または使用に関する指示

など、投稿禁止事項が詳細に記載されています。

https://pixabay.com/ja/photos/%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e6%82%b2%e3%81%97%e3%81%84-%e8%82%96%e5%83%8f%e7%94%bb-%e6%b3%a3%e3%81%84%e3%81%a6-2048905/

また、動画の投稿に関する利用規約違反を見ていきましょう。

1.暴力の宣伝や性的な表現
2.他のユーザーへの嫌がらせ
3.人種や宗教、性別、国籍などによる差別
4.第三者へのプライバシー侵害
5.偽やスパムコンテンツへの投稿
6.短期間にアカウントに大量作成

などに該当していると規約違反となります。

上記でご紹介した利用規約違反の内容は一部であり、実際はさらに細かく決められている項目があります。
短い時間に多くのアカウントをフォローし、すぐ解除する行為を繰り返すと、運営側からアカウント凍結される可能性があるため、注意してください。

他ユーザーからの通報が理由で垢バンされることも!

第三者から通報によって、垢バンされる可能性もあります。

TikTokは運営側がパトロールをしていることもあり、規約違反をしているアカウントを発見し、垢バンすることもあるでしょう。

自分のTikTokアカウントが垢バンや凍結されている場合は、利用規約違反に該当していないかを確認してください。

TikToKの垢バン対策!利用規約を確認する方法

TikTokの利用規約の調べ方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

インターネットの検索で、「TikTok 利用規約」と調べるとTikTokの利用規約を知ることができます。
TikTokの利用規約に関する記事が掲載されているホームページを開きます

1.TikTokサービス規約
2.プライバシーポリシー
3.バーチャルアイテムポリシー
4.知的財産権について
5.著作権について
6.TikTok法執行機関向けガイドライン

上記の順で並んでいます。
TikTokを利用する上で、全てに目を通すことは必須ですが、利用規約は長文になるため、読みづらいと感じる方も多いでしょう。

TikTokの垢バンに関する内容を知りたい方は、特に「TikTokサービス規約」と「知的財産権について」の部分を熟読することをおすすめします。

利用規約違反に該当していないかを改めて確認すると、TikTokで垢バンされた原因がわかるかもしれません。

TikTokで垢バンされたときの対処法

TikTokで垢バンされたと知ったときは、戸惑いがちですが、落ち着いて対処することが大切です。
垢バンされたときの対処法をご紹介しますので、安心して取り組んでみてください。

動画を投稿したことによって垢バンされたときの対処法を見ていきましょう。

TikTokで垢バンされたらどうする?

先述の通り、投稿した動画が利用規約違反に該当した場合は、システム通知が送られてきます。
規制の対象となっている動画を削除してから、しばらく経つと以前のようにTikTokアカウントが使用できるようになるでしょう。

TikTokで垢バンされると、新しいTikTokアカウントを作成するよう指示がありますが。
ですがまずはその前に上記のような内容を試してみてください。

TikTokで通知なしで垢バンされたときの対処法

また、動画投稿で利用規約違反した場合、すべての方にシステム通知が届くわけではありません。
そのようなケースに陥ったら、「暴力的な内容」や「差別に関係するもの」、「不快感を与えるもの」である可能性のある動画を削除するようにしてください。

どうしても垢バンの規制が解除されないときは、TikTokの運営に連絡してみましょう。

動画を削除したからと言って、必ずしも垢バンが解除される訳ではありません。
利用規約違反の内容によっては、垢バンを復活させることが難しい可能性もあります。

TikTokのアカウントを新しく作成することで利用できるようになります。
ただし、新規でのTikTokのアカウントとなるため、フォロワーやいいねなどが消えてしまう点は忘れないようにしてください。

垢バンされない TikTokアカウントをつくるポイン

垢バンされないTikTokアカウントを作成すると、安心してTikTokを楽しむことができるでしょう。

1.TikTokの利用規約を確認する
2.凍結する恐れのある動画テーマを避ける
3.動画投稿前に他の人に確認してもらう

垢バンされないTikTokアカウントをつくるポイントを3点解説します。

TikTokで垢バンされないポイント:利用規約をしっかり確認

垢バンされないTikTokアカウントをつくるポイントの1つ目は、「TikTokの利用規約を確認する」ことが挙げられます。

普段、何気なくTikTokを利用していると、TikTokの利用規約を忘れがちです。
垢バンを回避するためにも、どのような動画を投稿すると垢バンされる可能性があるのかを意識するようにしてみてください。

自分で動画を投稿するときは、未成年が動画を視聴することも視野に入れなければなりません。
動画投稿前に利用規約違反に該当していないかを再度確認しましょう。

TikTokで垢バンされないポイント:BANが怪しい内容の動画を作らない

2つ目は、「凍結する恐れのある動画テーマを避ける」ことです。

TikTokの利用者は、若い人も多いため、誰が見ても問題がない動画を投稿する必要があります。
他のSNSとは異なり、利用規約違反の基準が厳しい傾向にあることを覚えておきましょう。

TikTokで垢バンされないポイント:アップロード前に動画をチェックしてもらう

3つ目は、「動画投稿前に他の人に確認してもらう」ことです。

自分の動画だと、自分の判断基準に偏りがちです。
動画を投稿する前に別の人に確認を依頼すると、規約違反のリスクを軽減することができるでしょう。

同じジャンルの動画を投稿している人に動画の確認を依頼すると、他の悩みも相談が可能なため心強いです。

あらゆる視点から動画を確認し、適切な運営を行うことで垢バンされないTikTokアカウントを作成しょう。

TikTokで垢バンされても復活させられる可能性がある!

TikTokで垢バンされる理由や、対処法、アカウント復活方法について解説しました。

TikTokの利用規約違反に該当しない使い方をすると、TikTokアカウントが垢バンする事態を避けることができます。

また、TikTokで垢バンされたとしても復活させられる可能性があります。
落ち着いて対処するようにしてください。