Share

TikTok運用代行・コンサル12選!おすすめの会社と選び方

TikTok運用代行・コンサル11選!おすすめの会社と選び方

TikTok運用代行・コンサル会社1:アンドゼン

アンドゼンは、TikTokアカウント運用に特化した企業です。

大手企業の公式アカウントで10万フォロワー以上の獲得実績があります。

2017年からTikTokを分析し、動画を出し続けた結果、TikTokで流行る動画と企業が届けたいメッセージを両立させたヒット動画を作り出すことに成功しています。

そのため、ジャンルに関係なくTikTokのアカウント運用代行を依頼したい企業におすすめです。

TikTok運用代行・コンサル会社2:Star Creation

Star Creationは、株式会社スターミュージック ・エンタテインメントが運営しており、総フォロワー数2億人を超えています。

「修一朗」や「内山さん」、「うたおかカップル」などの有名TikToker(ティックトッカー)が500名ほど在籍している企業です。

「TikTokで共感をつくる」ことを提供価値にしていて、専門知識を持つスタッフがクライアントの目標達成に向けてサポートしてくれます。

実績も豊富にあり、TikTok(ティックトック)の運営全般を全て一任したい企業におすすめです。

TikTok運用代行・コンサル会社3:studio15(スタジオフィフティーン)

studio15は、TikTok(ティックトック)に特化した運用代行会社で、所属クリエイター数は100名・総フォロワー数2,000万人の実績があります。

広告制作からコンサルティング・楽曲作成など、TikTok(ティックトック)に関わることであれば一貫して依頼することができます。

東証プライム市場の関連会社ということもあり、おすすめです。

TikTok運用代行・コンサル会社4:リーディングコミュニケーション

リーディングコミュニケーションは、TikTok(ティックトック)やInstagram・YouTubeなどのトータルフォロワー数が3,000万人を超えており、クリエイターを起用したプロモーションやタイアップ・広告運用などをワンストップで依頼することができます。

2020年8月にはTikTok(ティックトック)と公式マネジメント契約を結ぶなど、非常に勢いのある企業です。

TikTok運用代行・コンサル会社5:pamxy

pamxyは、自社が生み出した知的財産などによるIP事業を展開しており、法人向けのSNSマーケティング事業をおこなっています。

YouTubeのチャンネル登録者数は40万人を突破し、YouTubeで培ったノウハウをTikTok(ティックトック)にも生かしています。

TikTok(ティックトック)だけではなく、YouTubeチャンネルも伸ばしたい企業におすすめです。

TikTok運用代行・コンサル会社6:CARAFUL

CARAFULは、インフルエンサーを活用して商品やサービスのPR活動を行っています

さらにはTikTok(ティックトック)とクリエイター育成についてのマネジメント契約を結んでおり、クリエイターの育成にも力を入れている企業です。

TikTok運用代行・コンサル会社7:snaplace(スナップレイス)

snaplaceは、1万人越えのフォトグラファーやインスタグラマーが在籍しており、独自のシステムによって業界最安値でサービスを提供しているTikTok(ティックトック)運用代行会社です。

TikTok(ティックトック)の他にもInstagramの代行サービスや写真撮影代行なども承っています。

TikTok(ティックトック)とInstagram、両方のアカウントを運営したい企業やなるべくコストを抑えたい企業におすすめです。

 TikTok運用代行・コンサル会社8:DYM

DYMWEB事業や人材事業など、さまざまな事業を展開している企業です。

TikTok(ティックトック)など、SNS以外のコンサルもおこなっており、確かな実績があります。

TikTok(ティックトック)に加えて新たな事業を展開したいのであれば、DYMがおすすめです。

TikTok運用代行・コンサル会社9:ウィニングフィールド WINNINGFIELD INC.

ウィニングフィールド WINNINGFIELD INC.は、湘南・鎌倉に拠点があり、WEBマーケティングやコンサル事業を行っています。

TikTok(ティックトック)では、人工知能を用いた高いターゲティング精度での広告運用代行サービスが特徴的です。

TikTok(ティックトック)以外にもLINE広告の運用代行なども行っています。

TikTok運用代行・コンサル会社10:エヌディープロモーション(N.D.Promotion)

エヌディープロモーションは、「莉子」や「mimmam」など、多くの有名タレントが所属しています。

SNSのフォロワー数が100万人以上のタレントを起用して、企画作りやプロモーション・広告の運用代行をワンストップで任せることができるのが強みでありおすすめです。

TikTok運用代行・コンサル会社11:Re.Hatch

Re.Hatchは、マーケティング支援やデザイン制作・広告運用のデータを可視化できる「Dashboard ONE」など、さまざまなサービスを展開している企業です。

特に「Dashboard ONE」では、広告運用してきた100社以上のデータを数値化しています。

そのため、TikTok(ティックトック)はもちろん、SNS媒体を利用して広告運用代行を依頼したい企業におすすめです。

TikTok運用代行・コンサル会社12:テテマーチ株式会社

テテマーチ株式会社は自社で培ったノウハウを共有して、最終的にはインハウス化を目的としている企業です。

運用代行や動画の制作・分析などトータルでサポートしてくれ、「クリエイティブサポートプラン」、「インハウスサポートプラン」、「トータルサポートプラン」の3つに分かれています。

そのため、予算に合わせて依頼したい企業におすすめです。

TikTok(ティックトック)運用代行・コンサル会社を選ぶポイント

TikTok(ティックトック)運用代行やコンサル会社を選ぶポイントは以下の3つです。

  • これまでの実績
  • 対応範囲の明示
  • コミュニケーション能力

1つずつ解説します。

https://gahag.net/011123-laptop-office/

TikTok運用代行会社の選び方:これまでの実績

これまでの実績があるかどうかを必ず確認しましょう。

なぜなら、実績がないのにも関わらず運用代行会社やコンサル会社を名乗る悪質企業もあり、お金だけ騙し取られる危険性があるからです。

実績などはホームページから確認することができます。

実績を非公開にしている企業もあるので、気になる運用代行会社やコンサル会社を見つけたら、一度問い合わせてみましょう。

TikTok運用代行会社の選び方:対応範囲の明示

対応してくれる業務が明確になっているか確認しましょう。

TikTok(ティックトック)の運用を一任したい企業は特に注意が必要です。

運用を一任したにも関わらず、動画の投稿作業までは行ってくれてもその後の分析作業は追加料金がかかるというケースも珍しくありません。

トラブルの原因にもなり得るので、依頼する前にチェックしましょう。

TikTok運用代行会社の選び方:コミュニケーション能力

TikTok(ティックトック)の運用代行会社やコンサル会社とのスムーズなコミュニケーションも欠かせません。

特にTikTok(ティックトック)はトレンドの移り変わりが激しいので、迅速な対応が求められます。

そのため、運用代行会社やコンサル会社とのスムーズなコミュニケーションが必要不可欠なのです。

お問い合わせや見積もり相談などの段階で1日以上レスポンスが来ない場合には別の会社に依頼したほうがいいかもしれません。

自社に合ったTikTok(ティックトック)運用代行・コンサル会社を選ぼう

今回はTikTok(ティックトック)の運用代行やコンサル会社と選ぶポイントについて解説しました。

運用代行やコンサル会社は数多くあり、それぞれの企業でさまざまな特徴があります。

今回紹介した3つの選ぶポイントを考慮したうえで、自社に合った運用代行・コンサル会社に依頼しましょう。