Share

TikTok For Businessとは?広告の運用方法やビジネス活用を解説

TikTok For Businessとは?広告の運用方法やビジネス活用を解説

TikTok For Businessとは?ビジネス活用に最適?

TikTok For Business(ティックトック フォー ビジネス)はビジネス活用に向いています。

今までは、TikTokで広告を出す場合に運営会社か広告代理店を通す必要があり、費用も高額だったため、利用できる人が限られていました。

広告にかける予算がなかった企業や個人でも、低価格で気軽に出稿できるようになっています。詳しい値段はのちほど解説します。

TikTok For Businessとは、どんなものなのかを詳しくご紹介します。

https://gahag.net/011946-woman-portrait/

TikTok For Business (ティックトック フォー ビジネス)とは

TikTok For Business(ティックトック フォー ビジネス)とは、2020年に登場した新しい広告システムのことです。

広告を出稿するにあたり、個人が運営会社や広告代理店を通す必要がなく、少額から取り組める特徴があります。

たとえば、趣味で創作した商品の認知度向上を目的として個人が広告を出稿するなど活用されています。

TikTok For Businessは、どのような企業が向いているのかについて見ていきましょう。

TikTok For Businessはティックトックのビジネス利用に最適!

TikTok For Businessは、売り上げを上げたい、認知を拡大したいなど検討している企業に特に向いています。また、TikTokを利用するユーザー層は10代から20代の方が多いため、流行に敏感な若年層に商品を広めたい企業にもおすすめです。

業種は、「ゲーム業界」「メイク道具」「銀行」「洋服」「健康」「人材」などの分野で成果が出ているため、多くの企業との相性が良く、幅広い業界で活用されています。

TikTok For Businessの広告によって、認知度が上昇し、商品の購買率が急激に上昇した企業も多数あるため、挑戦してみると期待以上の成果を得られる可能性があるでしょう。

広告の配信を停止することもできるため、一週間だけ様子見で配信することも検討してみてください。


https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc-%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94-imac-763730/

TikTok For Businessのメリット

TikTok For Businessのメリットは、ターゲットを絞って広告を配信することができる点です。

年齢や性別だけでなく、ユーザーの関心や地域など細かくターゲットを決めることができます。

TikTok For Businessの良い点は、初心者でも簡単に広告を配信することが可能なところです。

広告を出稿する場合、静止画ではなく動画で配信することになりますが、動画を作成したことがないとお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

TikTok For Businessには、複数の静止画から自動で動画を作成するツールが導入されているため、安心してご活用ください。

TikTok For Businessの金額はいくら?

TikTok For Businessの費用は、広告の種類によって異なります。

次の章でTikTok For Businessの種類や費用について詳しく解説していきます。

TikTok For Business(TikTok広告)の種類と費用

先述でも紹介した通り、TikTok For Businessの広告には種類があり、選択するものによって費用が異なります。

TikTok For Businessは予算を自分で設定し、それに合わせて種類を選ぶことも可能なところが魅力的です。

TikTok広告1:#(ハッシュタグ)チャレンジ広告

#(ハッシュタグ)チャレンジ広告とは、#(ハッシュタグ)を使用して、ユーザーに動画を作成・投稿を促す広告です。

TikTokを利用していると、広告が流れてくることに嫌悪感を抱いたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

#(ハッシュタグ)チャレンジ広告は、広告感がないことからユーザーも売り込みとは気づきにくい特徴があります。

#(ハッシュタグ)チャレンジ広告は、4種類あります。

ハッシュタグチャレンジ広告の種類費用
スタンダードハッシュタグチャレンジ1500万円
ハッシュタグチャレンジプラス1700万円
ベーシックハッシュタグチャレン1000万円
バトルハッシュタグチャレンジ2000万円

#(ハッシュタグ)チャレンジ広告は、費用が高いことがデメリットと言えるでしょう。

TikTok広告2:起動画面広告

起動画面広告は、画像・GIF画像・GIFアニメーションの3種類あり、アプリを起動したときに表示される広告です。

TikTok利用者のすべての方に表示されるため、拡散力が高い特徴があります。

契約単位は、1日ごとで、費用は500万円程かかります。

TikTok広告3:インフィード広告

インフィード広告とは、通常の投稿と投稿の間に表示される広告です。

通常の投稿と同様に「いいね」や「コメント」ができる特徴があります。

Top View

Top Viewとは、アプリを起動させたときにユーザーが最初に見る広告となります。

キャンペーンやイベントの告知など、短期間で成果を目指したい人に向いているでしょう。

費用は625万円となっています。

One Day Max

One Day Maxとは、「おすすめ」フィード4投稿目に表示され、最大60秒のフルスクリーン動画が流れるものです。

費用は300万円かかります。

Brand Premium

Brand Premiumとは、「おすすめ」80番目以内に表示される広告で、最大60秒フルスクリーン流れます。

TikTok For Business(TikTok広告)の費用形態

TikTok For Business(TikTok広告)は予算に合わせて、配信方法を選択することが可能です。

費用が発生する仕組みを解説します。

再生課金型(CPV)

再生課金型(CPV)とは、1回あたりの動画が6秒を超える毎に課金される仕組みです。

インプレッション課金型(CPM)

インプレッション課金型(CPM)とは、広告が1000回表示される毎に課金される仕組みです。

最適化インプレッション課金型(oCPM)

最適化インプレッション課金型(oCPM)とは、広告が1000回表示される毎に課金される仕組みに加え、成果に結びつきそうなユーザーを絞り、広告配信を行います。

最適化クリック課金型(oCPC)

最適化クリック課金型(oCPC)とは、コンバーション確率によって、クリックしたときの単価が決まるものです。

TikTok For Businessの始め方は?

TikTok For Businessの開設方法は、公式ホームページから広告アカウントの作成をすることが可能です。

誰でも簡単にTikTokで広告配信 | TikTok For Business (business-tiktok.com)

また、初期設定お任せサポートを活用すると、スムーズに進めることができるでしょう。

TikTok For Businessのログイン方法

TikTok For Businessを開設してログインするまで、約10分かかります。

公式ホームページに進んだら、まずは「請求先の国/地域」を選択し、「アカウントの目的」を法人か個人で選んだら「次へ」をクリックしてください。

「メールアドレス」や「パスワード」を入力し、「認証コードを送る」をクリック。そうすると「認証コード」が送られてくるため、間違わないようにコピペして入力してください。

最後に「登録」をクリックして完了です。

TikTok For Businessを成功させるコツ

TikTok For Businessを成功させるコツは、より多くのユーザーに広告を見てもらい、興味を持っていただき、購入に繋げることです。

そのため、「有名人を起用する」「ユーザーが視聴しやすいように広告表示を縦型にする」「広告を工夫」するなど、戦略を立てることが重要となります。

TikTok For Businessで上手にTikTokアカウントを運用しよう!

TikTok For Business(ティックトック フォー ビジネス)の広告運用方法やビジネス活用について解説してきました。

広告を出す予算が限られている個人や企業のTikTok運用担当者の方も、商品の認知度向上を目指すことが可能です。

費用によって、取り組めるTikTok For Businessの種類が異なるため、自分に合った広告運用を行い、ビジネス活用に繋げましょう。