Share

TikTokの上手な撮り方!バズる動画の編集方法

TikTokの収益化7選!マネタイズのやり方は?受け取り方法

「TikTokアプリに動画を投稿したいけど、どのような撮り方や編集をしたらいいかわからない...」と悩んでいませんか? TikTok初心者にとって、ティックトックの撮影方法は難しいものです。 ですが、撮り方を覚えることができたら、切り替えコマ撮り変身エフェクトなど、アプリのさまざまな機能を使いこなすことができます。 上手な撮り方をすることは、バズる動画を作成することに繋がります。 TikTokでバズるために効果的な撮り方や編集方法について解説します。

TikTokの撮り方

TikTokは誰もが動画を作成したり、投稿したりすることが可能です。
TikTokの撮り方がわかるようになると、TikTokアプリをさらに楽しむことができるでしょう。

TikTokで動画を投稿するまでの流れは、撮影編集投稿という順番になります。

TikTokの撮り方を詳しくご紹介します。

「+」のボタンを押して撮影画面を開く

TikTokのアプリを起動したら、「+」のボタンを押して撮影画面を開きます。
画面の下にあるフォトモーション60秒モード15秒モードの3種類から撮影モードを選んでください。

楽曲を選ぶ

撮影モードが決まったら、楽曲を選んでいきましょう。

他のユーザーの動画を視聴していて、お気に入りの楽曲を見つけた場合は保存しておくことをおすすめします。投稿を作成するときにスムーズに選択できる機能も搭載されています。
TikTokの画面に表示されている楽曲の部分をタップすると、楽曲を選択する画面に進みます。

カテゴリ別やおすすめの楽曲、検索欄から探す方法で好きな楽曲を探してみてください。

加工ボタンで調節する

TikTokで撮影するにあたって、加工ボタンで調節することができます。

画面の右側にあるフィルターメイクをタップすると撮影時の色合いや顔の美肌、輪郭などを調整することが可能です。
メイクの濃さは、画面に表示されているバーを左右に動かすことによって、ナチュラル系のメイクにしたり、バッチリメイクにしたりして調節できます。

再生速度を選ぶ

TikTokの動画では、再生速度を調整することができます。

再生速度は5段階に分かれており、倍速撮影やスロー撮影など自分の好みに合わせて選択することが可能です。
TikTok動画の再生速度を変化させることによって、たとえば早くて複雑なダンスをスローにしておくと、非常に撮りやすくなるでしょう

再生速度を調節して、TikTok動画を撮影してみてください。

カウントダウンをして撮影開始

通常の撮影では、撮影ボタンを押すと撮影が開始されます。

TikTokの機能にはカウントダウンが付いており、画面右下に表示されている3s(3秒)10s(10秒)のどちらかを選択してください。
カウントダウン機能を活用することによって、3s(3秒)10s(10秒)の選択した秒数の後に撮影が開始されることになります。

自撮りやインカメラのときにカウントダウンして撮影すると良いでしょう。

撮影した動画をTikTokにアップロードする方法は?

TikTokの撮影が完了したら、動画をTikTokに投稿しましょう。
公開アカウントで投稿することで多くの人に見てもらうことができます。

撮影した動画をTikTokにアップロードする方法を詳しく見ていきましょう。

「+」のボタンを押して撮影画面を開く

TikTokのアプリを起動し、画面の中央下部分にある「+」のボタンを押して撮影画面を開きます。
撮影画面に切り替わったら、右下にアップロードのマークが表示されていることを確認してください。

右下のアップロードボタンを押して動画を選ぶ

右下のアップロードボタンを押すとカメラロールが表示されます。
カメラロールから投稿したい動画を選択し、次へのボタンを押しましょう。

楽曲を選ぶ

話題の楽曲の一覧の中からBGMを選択することが可能です。
自分で検索するなどして、自分のお気に入りの楽曲を探しましょう。

必要な設定が終わったら次へを押し、最終的に投稿のボタンをタップします。

https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3-%e6%90%ba%e5%b8%af%e9%9b%bb%e8%a9%b1-%e9%9b%bb%e8%a9%b1-5503211/

TikTokで撮影した動画の編集方法

TikTokで撮影した動画を編集するためには、専用のソフトが必要だと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
専用のソフトは必要なく、TikTokの機能だけで動画を編集することが可能です。

TikTokの編集でできることをご紹介します。

TikTok動画にエフェクトをつける方法

TikTok動画にエフェクトをつけることができます。
エフェクトとは、動画に加工を施すものです。

画像を動かすことができるフォトモーションや面白いフィルターなどの多くの種類があります。

編集画面の下にあるテキストをタップすることでエフェクトを施すことが可能です。

TikTok動画に文字(テキスト)を入れる方法

TikTok動画に文字(テキスト)を入れる方法は、動画編集のテキストをタップします。
テキストのフォントや色のバリエーションがあり、好きな文字を入力して完了を押してください。

読み上げ機能を使うのもおすすめです。一気にTikTokらしい動画になりますよ。

TikTokの投稿方法

TikTokを投稿する直前に行うことを見ていきましょう。

カバー画像を選ぶ

カバー画像は、動画の内容をアピールする画像になるため、動画と統一感のある画像を選択すると良いでしょう。

キャプションとハッシュタグを入力

自分の動画の説明であるキャプションを入力します。
検索されやすいハッシュタグを入力することがおすすめです。

公開ボタンを押す

設定を変更しない限り、動画の公開される範囲は全ての人が見られる状態です。
相互フォローの方だけが見ることができるようにしたい、コメントは拒否したいなど設定を変更したい場合は、TikTok動画を投稿する前に確認しましょう。

画面右下の投稿ボタンをタップすると公開されます。

https://pixabay.com/ja/photos/tiktok-%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88-7017264/

TikTokの上手な撮り方テクニック

TikTokの撮り方を工夫することによって、動画の出来栄えが変わってきます。 
TikTokの上手な撮り方やテクニックをご紹介します。

自然光やリングライトで盛る

撮影前に明るさを調節する必要があります。
明るすぎるところだと光飛びしてしまう可能性があり、暗いところだと映像がよく見えません。カメラの加工機能だけでは、調節が難しいです。

自然光やリングライトを上手に活用すると、綺麗な動画に仕上げることができます。

コマ撮りやフォトモーションで凝った動画を演出

コマ撮りは、静止している品物を少しずつ動かしながら撮影することで、コマ撮り特有の動きに人気があります。

フォトモーションは、写真を選択するだけで動画が自動的に作成されるものです。

コマ撮りやフォトモーションを活用すると、動画づくりの幅が広がります。

TikTokでバズる動画を作るポイント

TikTokでバズる動画を作るためには、他の人と同じような動画を作成するだけでなく、より多くの人に見てもらうために、工夫することが重要です。

TikTokでバズる動画を作るポイントをご紹介します。

ランキング上位の楽曲を使う

ランキング上位の楽曲は、それだけ多くの人が見ている動画であり、流れてくると「この曲聞きたかった!」といい反応をしてくれるユーザーが多いです。自分の動画にも使用してみましょう。

伸びている動画を参考に、自分のオリジナル要素を加える

伸びている動画を参考にして、自分のオリジナル要素を加えることでバズりやすい動画を作成することが可能です。

投稿することも大切です。

また、自分のTwitterやInstagramがある人は、積極的にSNSでシェアしていきましょう。

動画の時間はできるだけ短くする

動画の時間はできるだけ短くすることがバズる動画を作るポイントです。
動画時間を短くすることで、視聴維持率やフル視聴率がよくなることが期待できます。

TikTokのアルゴリズムから良い評価を得られやすくなることで、おすすめに載りやすくなり、バズりやすくなるでしょう。

TikTokの撮り方を覚えてコツを掴もう!

TikTokでバズるために効果的な撮り方や編集方法について解説しました。
TikTokでバズる動画を作るためには、ポイントを抑える必要があります。

また、動画を1本投稿して終わりではなく、定期的に動画を投稿し、フォロワー数を増やすことでバズりやすくなるでしょう。

TikTokの撮り方を覚えてコツを掴みましょう。